福岡のレンタル袴店ガイド » お悩み別!あなたに似合う袴の選び方 » ケース3:ブーツと草履ならどちらが良い?

ケース3:ブーツと草履ならどちらが良い?

袴を選ぶ時に忘れてはならないのは足元のコーディネート。ブーツ草履のメリットデメリットをまとめました。

ブーツと草履ならどちらが良い?

和装なので「草履」を合わせるのが基本ではありますが、最近は「ブーツ」を合わせて楽しむ人も増えています。

どちらにもメリット・デメリットはありますが、事前に知っておけば、快適に過ごすことができそうですね。

足元もバッチリ決めて、袴スタイルを楽しみましょう。

草履のメリット・デメリット

草履の最大のメリットは脱ぎ履きしやすいこと。

ブーツは脱ぎ履きする度に、ファスナーの開け閉めが必要になりますが、草履はサンダル感覚で楽に脱ぎ履きができます。

また草履と袴は違和感なく合わせることができ、古典的で上品な「和」ならではのイメージを与えてくれます。着物や巾着などの小物と色柄を合わせることで統一感もありつつ、自分らしさにこだわれるのも嬉しいメリットです。

ただ、草履は普段から履きなれていないと歩きにくく、鼻緒が当たる足の指の間が痛くなる場合もあります。

また、卒業式シーズンはまだ寒い時期なので冷え対策もしっかり行う必要があります。

ブーツのメリット・デメリット

ブーツのメリットは、ヒールがあるのでスタイルアップが期待できること。

小柄な人でもスラリとした脚長効果があるのは嬉しいところです。

また、袴とブーツの組み合わせは、大正ロマンを彷彿とさせるレトロな雰囲気を演出できます。

普段から履きなれている人にとっては歩きやすく、靴下の重ね履きするなどして防寒しやすいのも大きなメリットです。

ただ、ブーツのデメリットとしてあげられるのは脱ぎ履きがしにくいところ。

ただでさえ着慣れない袴なので、しゃがむ動作は極力避けたいのですが、ほとんどのブーツがファスナー付きなのでそうもいきません。

またレースアップになっているブーツの場合は、ひもがほどけた時に結びなおす必要も出てきます。

草履・ブーツどちらにも必須の防寒対策

卒業式の行われる3月はまだまだ寒さが厳しい時期。もしかすると雨や雪が降ることも考えられます。そこで大事なのは防寒対策。特に足元は冷えやすいので万全に備えておきましょう。

草履の場合は足袋を履くことになるので、靴下を何重にも重ねるのは難しいですが、薄手の5本指靴下を履いて足裏部分にカイロを貼り、その上から足袋を履くと冷えにくくなります。事前に重ね履きで着るか足袋のサイズを確認しておきましょう。

ブーツの場合は靴下やストッキングの重ね履き+貼るカイロで対策可能です。袴の裾から見えてしまっても違和感がないように色は黒がおすすめ。

迷ったら専門スタッフに相談を

草履、ブーツそれぞれにメリットとデメリットがありますが、迷ったら経験・知識豊富な専門スタッフに相談しましょう。なりたいイメージや、当日の動きなどからアドバイスをもらえるはずです。

また、どちらを合わせるかで袴の着付け方も異なるので、選んだ袴を試着した状態で足元も合わせてもらうようにしましょう。

       思い思いの袴で卒業式を迎えた仲良し3人組の画像

卒業式は、お気に入りの袴で参加したい♥
福岡市内で自分にピッタリの袴を探すなら、衣装数が豊富で、信頼できる老舗レンタル店を選びましょう。

       福岡でおすすめの
袴レンタル店
を見る